So-net無料ブログ作成
検索選択

痩せるのに脂肪分0のヨーグルトで体脂肪率を下げさらに美肌の効果も! [ヨーグルトダイエット]


ダイエットを成功させるには、脂質と糖質の制限は欠かせないと頭ではわかっていて、
実践するのですが、どうしても甘い物を欲してしまう時がきます。


最初は「瘦せるぞ」とモチベーションも高く保てるのですが、
停滞期というのは少なからず訪れますし、

その時期はちょうど甘い物への禁断症状が出てくるものです。


本来は砂糖を断ったからといって肉体的依存はないはずです、
タバコの方がよっぽど辛いはずです。


多分精神的なものだと思いますが、

だからと言ってそこで甘い物をドカ食いしてしまっては、
ここ数週間の努力は無駄となります。



スポンサードリンク










そこで、救世主がヨーグルトです。

もちろん、無糖タイプで脂肪分ゼロのものを選びます。


そのまま食べるのが望ましいですが、
少々ならジャムなど入れて味を楽しむのもいいかと思います。

ジャムを入れたところでアイスクリームとは比べ物にならないほど低カロリーです。


そして、ありがたいことにヨーグルトにはカルシウムも含まれていますし、
便通を整える作用もあります。


普段は脂肪分ゼロのものを食べなれていると
時々普通のヨーグルトを食べるとその濃厚さに驚きます。


なので、時々ごほうびに普通タイプのヨーグルトを食べても
満足感を味わうのもいいと思います。



スポンサードリンク










そして、それ以外にもヨーグルトを使ってダイエットを乗り切る作戦はあります。


まずは、水切りヨーグルトを作ります。

水切りヨーグルトとは、ざるなどにキッチンペーパーをしいて
そこに無糖ヨーグルトを入れます。

それを冷蔵庫に入れて一晩ほど置きます。


翌朝大量の水分が下の受け皿に溜まり、水分の切れたヨーグルトは少量になり
見た目はクリームチーズのようになります。


想像以上に水分が出ますのでこぼれないように
受け皿は大きめにしておきましょう。


冷蔵庫内に水がもれないようにご注意して下さい。


これにジャムをまぜてパンに塗って食べてもいいですし、
チーズケーキを焼くのもいいでしょう。


ねとっとした食感になり、あっさりしたものしか食べていない
ダイエッターには何とも言えないデザートになることは間違いなしです。


贅沢にそのままヨーグルトとして食べてしまっても、大丈夫です。
まるでクリームチーズのような濃厚さでもカロリーはヨーグルトですから低いです。



ヨーグルトから出た水分ですが、これは捨てずに料理に使うことができます。
スープなどに使って無駄なく利用しましょう。


カロリーを抑えるだけでなく、
ヨーグルトの整腸効果により美肌にも効果がありますし、

何より砂糖を断っているため肌のトーンが明るくなりますし、
くすみも改善されます。



砂糖を代謝する時にカルシウムとビタミンを奪われてしまうのが、
ヨーグルトでしたら、奪われない上補給できるからです。


ぜひダイエットにヨーグルトを取り入れましょう。




スポンサードリンク










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。