So-net無料ブログ作成
炭水化物ダイエット ブログトップ

炭水化物ダイエットで体重減に成功した人が実践した3つの事とは? [炭水化物ダイエット]

世間で流行している炭水化物を抜くダイエットですが、
成功させるため、体感するためには必要なことが3つほどありました。

1ヶ月で5kgほど体重減に成功した体験を元に紹介させて頂きます。



スポンサードリンク









塩分と脂質には気をつける


炭水化物を取らなければ何をしても良い、
という発想はあまり正しくありません。

というのも、脂っこい肉料理やクリーム系の料理ばかりを食べていると
ダイエットの進行がそこまで進まないのです。

特に塩分過多は生活習慣病の原因にもなりますし、
体内に水分を蓄えてしまう結果となるので体重減少につながらないのです。

また、過度の肉食は内臓にも大きな負担を与えます。
適度に野菜やキノコ類を摂取してバランスをある程度意識しましょう。


スイーツは食べて良いは迷信


炭水化物ダイエットの本質は、「糖質と脂質を同時に摂取しない」という点にあります。

糖質と脂質のコンビ、例えばご飯とお肉は非常に美味しく感じますが、
この組み合わせを断つのがこのダイエットです。

炭水化物は体内での扱いが糖分ですので、スイーツは別腹、
砂糖はふんだんに使って良いとすると、効果を感じる日は遅くなるでしょう。

飲料などからの糖分摂取は、意識しないとなかなか防げません。

また、野菜などからも糖分は摂取してしまうものなので、
炭水化物には糖分が含まれているものなのだという認識を持ちましょう。

もしかしたら、急激な炭水化物・糖分の制限によって、
イライラや自律神経の乱れを感じる方もいるかもしれません。

その場合は、糖分の入った野菜、
トマトやアボカドを摂取するとそれらを防ぐことができます。



スポンサードリンク









野菜・キノコ類からタンパク質を食べるという順番


これは吸収率の話になるのですが、
食物繊維を取ってからタンパク質を食べたほうが急激な吸収を阻害できます。

食物繊維が吸収をゆっくりとさせてくれるのです。

また、サラダや煮物などを食べてから、
メインとしてお肉や魚を食べると満腹感が得やすくなります。

お肉から魚、豆腐からお肉などタンパク質の連続よりも、
野菜とキノコ類を多く摂取しましょう。

特に、アボカドやキノコのグリルなどはタンパク質扱いにならなくとも、
メインとして食べられるくらいのボリューム感と味わいを感じられます。

積極的に食べるよう心がけてみてください。

特にオススメの食べ方は、野菜の汁物、サラダか煮物、メインの肉料理というパターンです。



上記の3つのコツを理解して、炭水化物ダイエットを成功させてみましょう。

どうしても炭水化物が食べたいと思う場合は、
豆由来の麺などが販売されていますので、上手に活用するのも手段だと言えます。



スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

炭水化物ダイエットのおススメレシピや代わりになる食材などを紹介します [炭水化物ダイエット]

炭水化物ダイエットでは、糖質を多く含むご飯やパンなどの主食を控えます。
代わりに食べるのは、肉や魚、卵など糖質が少ないものです。

カロリー計算は不要なので食べることが好きな人に最適ですが、
ご飯など主食を食べないと食べた気がしないという方は行いにくいかもしれません。

しかし、工夫すればご飯などが好きな人も炭水化物ダイエットを成功させられます。
どうすればうまくダイエットができるのでしょうか。



スポンサードリンク









●ご飯の代わりになるもの


主食を抜いて肉や魚などのおかずばかり食べても食べた気がしない、
食事に満足感を得られないということがあると思います。

主食抜きの不満がたまるとストレスになり、その反動で食べ過ぎる恐れがあります。

上手に主食の代わりになるものを摂れば、
満足感を得られてダイエットを成功させやすくなります。


豆腐は糖質が少なく低カロリーな食品です。
白いのでご飯に似ていて主食の代わりになります。

そのまま食べても味気ないし、
水っぽくてご飯のようではないので少し工夫をします。


木綿豆腐の水をよく切り、手でほぐしてフライパンでパラパラになるまで炒めます。
こうすると固くなって食べた感じがします。

パラパラ感がご飯のようです。

面倒な時は豆腐を崩さずレンジでチンすると水切りが簡単にできます。
そのまま食べてもよいし、カレーをかけたり丼ものにもできます。


炒めるときに卵や野菜などを加えてチャーハン風にもできます。



スポンサードリンク









●パンの代わりになるもの


朝食はいつもパンという方は、パンがないと困るかもしれませんね。
炭水化物ダイエットでは選び方に気をつければパンを食べることができます。


普段は白いふかふかのパンを食べていると思いますが、
このパンは糖質を多く含んでいます。

炭水化物ダイエットではふすまパンやおからパンがおすすめです。

ふすまとは小麦を精製したときにでるぬか部分のことです。

食物繊維が多く糖質が少ないです。おからも糖質が少ない大豆からできているので、
パンに使用すること低糖質のパンになります。


パンを食べるときにジャムやはちみつをつけると糖質が多くなります。
何かつけるときはバター、チーズをのせてトーストするのがおすすめです。


●麺の代わり


麺の代わりになるのがしらたきです。しらたきの細さ、ツルツル感が麺に似ています。
低カロリーなのもダイエットに最適な理由です。

糖質制限をすると食物繊維が不足しやすいのですが、
しらたきで不足する食物繊維を補うことができます。


大豆麺も低糖質です。パスタ、そば、ラーメンなどいろいろな料理に使えます。
いろんなアレンジができて飽きずに続けられます。

ソイドルなどの名前で通販で販売されています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

炭水化物ダイエットを実践する前に必ず守るべき事を紹介します! [炭水化物ダイエット]

炭水化物ダイエットは、
糖質を多く含む食品を控えるだけという簡単なダイエット方法です。

カロリー計算は不要、糖質を控えれば肉や魚などを食べてもよいです。

食べることが大好きな方にうれしいダイエット法です。

しかし、やり方には注意が必要です。
誤ったダイエット法だとダイエットに失敗するだけでなく、
体調を崩す可能性があります。

どうすれば安全にダイエットを成功させられるのでしょうか。



スポンサードリンク









●糖質を控える理由


糖質を摂ると血糖値が上昇し、糖分を取り込むインスリンが分泌されます。

筋肉や肝臓などに糖が取り込まれて使われるのですが、
糖質を摂りすぎたりすると筋肉などで使い切ることができず余ります。

余ったものは脂肪として蓄えられ肥満につながります。


糖質の摂取を控えれば血糖値があまり上がらず、インスリンの分泌を抑えられます。
取り込まれる糖が少なければ脂肪として蓄えれることを抑制できやせられます。



●食べてよいもの


炭水化物ダイエットでは糖質を多く含むもの以外なら食べてよいです。

肉は脂肪分が多くカロリーが高いので、ダイエット中は控える方が多いと思いますが、
炭水化物ダイエットでは食べてよいものです。

肉はタンパク質と脂質が多く糖質をほとんど含んでいません。


魚は積極的に食べて欲しい食材です。糖質が少なくタンパク質が多く、
血液をサラサラにするなど体によい油のDHAとEPAを含んでいます。


コレステロールを気にして卵の摂取を控える方もいますが、
卵も糖質が低いので食べてもよいです。

コレステロールは肝臓で作られていて、食事でコレステロールをたくさん摂った場合は、
肝臓での製造量が減ってバランスをとってくれます。


葉野菜は糖質が少ないので食べてもよいです。
ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれています。



スポンサードリンク









●控えるもの


ご飯、パン、麺類などの穀類は糖質を多く含んでいるので控えます。
砂糖をたっぷり使ったお菓子も控えましょう。

葉野菜は糖質が少ないですが、ごぼう、れんこんなど根菜類は糖質が多いので、
一度に食べる量を少なくします。


甘いものに多く含まれているイメージがありますが、
揚げ物、練り物、スナック菓子など甘くないものにも含まれています。

揚げ物は衣に小麦、
練り物はつなぎにデンプン、スナック菓子はじゃがいもを使っているので糖質が多いです。



●気をつけること


肉には飽和脂肪酸が多く含まれていて、
過剰に摂取すると血液がドロドロになり動脈硬化や脳梗塞などのリスクを高めます。

肉ばかりでなく魚、大豆なども食べるようにしましょう。


網膜、腎臓など一部の臓器は糖質しかエネルギーにできません。

まったく糖質を摂らないのではなく、
少量の根菜やご飯などを食べるようにして糖質摂取をゼロにしないようにします。


カロリー計算が必要ないとはいっても食べ過ぎは肥満につながります。
1日に2000kcalていどまでの摂取にするのがよいです。



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

炭水化物ダイエットで痩せる為に重要な5つの事を暴露します! [炭水化物ダイエット]

今や巷で大流行しているダイエット法が炭水化物ダイエットです。
主食を一切食べないダイエット法だと思い込んでいませんか?



スポンサードリンク









1.炭水化物を減らすとどうして痩せるのか


炭水化物は消化分解されると糖質になり、血液中に流れ込みます。

すると、血糖値が上昇してそれを抑えるために
インシュリンというホルモンが分泌されます。


インシュリンは体で使いきれなかった糖質を脂肪に変えて
体に蓄積する働きを持っています。


つまり、血糖値をあげてしまう炭水化物を取る量を減らすと
インシュリンの分泌量が減少し、
体に脂肪が蓄積されにくくなるというメカニズムです。


2.体に必要な糖質の働き


炭水化物を一切取らないとそれだけ痩せられると思うでしょうが、
糖質は体に重要な働きをしています。


脳や体を作るエネルギー源でもあるので、
極端に糖質が減ってしまうと体が疲れやすくなったり、
内臓などの働きも低下してしまいます。


頭の回転が鈍くなったり昼間ボーっとしてしまって
集中力に欠けてしまったりなど、健康を大きく損ねてしまいます。



3.効果的な炭水化物ダイエットのやり方


炭水化物ダイエットの極意は体に必要な量の炭水化物はしっかりと取って、
余分な分を減らすということです。


一般的には炭水化物の量を2割程度減らすだけで、
ダイエット効果がしっかり現れると言われています。



いつもの食事でご飯や麺類、
パンどの量を2割くらい減らすだけなので、意外と簡単です。


ご飯を150g食べているなら、120gにすればいいだけです。



スポンサードリンク








4.意外なものにも炭水化物が含まれる


ご飯やパンなどの主食のみが炭水化物だというイメージがありますが、
実は野菜にも炭水化物が多いものがあります。


イモ類やコーンはたっぷりと炭水化物が含まれているので、
ダイエット中は減らした方が良い食材です。


当然、スナック類などのお菓子にも炭水化物がたっぷり入っています。
カロリーも高いですから、避けるのは当然です。



5.食べ方に工夫して血糖値の上昇を防ごう


食事の中には血糖値が上がりやすいものと上がりにくいものがあります。
上がりやすいものの代表が炭水化物ですが、逆は野菜類です。


血糖値が上がりにくい野菜などを先に食べてから炭水化物を取るようにすると、
血糖値の上昇を緩やかにすることができて、太りにくいです。


また、満腹感を得やすくなるので、食べすぎを防止することができます。



ほんの少し炭水化物を減らすだけで炭水化物ダイエットは成功しやすくなります。

2割減らすというのを心がけて、
正しい炭水化物ダイエットできれいなメリハリボディをめざしましょう。



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
炭水化物ダイエット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。