So-net無料ブログ作成
検索選択
ダイエット失敗談 ブログトップ

脂肪燃焼スープダイエットで失敗!しかしこの方法で確実に痩せだした [ダイエット失敗談]

【失敗したダイエット脂肪燃焼スープ】


脂肪燃焼スープは7日間決められたレシピがあり、
7日間しっかりと実行すれば、食事のみで確実に痩せられるダイエットです。

短期間で確実に大きく落とせるとだけあって、

食事メニューも忠実に守れば効果も高く、
安全性も高いので夏になるとネットでもよく見かけるダイエット方法です。

何年も前に一度やったことがありました。

そのときは、若くて体力も気力もあったので、忠実にレシピ通りの食事をこなして、
7日間で5キロも落として周囲を驚かせたこともあります。



スポンサードリンク









今、私は30代半ばですが、さすがに30代半ばともなると、
脂肪燃焼スープはきつ過ぎてできませんでした。

挫折しただけならまだ良かったですが、
食事メニューは低カロリーで構成されているので、

反動で我慢した分、かなり食べてしまって、

脂肪燃焼スープダイエットを開始する前よりも、
挫折後は数日で2キロも増えてしまいました。



これなら、最初から脂肪燃焼スープダイエットをしなかった方がずっと良かったです。


最後まできっちり7日間頑張れば、大きな効果が確実に出るだけに、
逆に失敗したときは反動で、すごいことになってしまいます。

我慢した分ドカ食いもしてしまうし、デトックス効果も中途半端に終わるからです。

ちなみに、脂肪燃焼スープダイエットは
デトックス効果もある食事ダイエット方法です。


発祥は、心臓外科手術を控えている患者が

短期間で安全に体重を落とすためのメニューということで広がっているので、
病院のホームページでも、紹介されているくらいです。

ということで安全なダイエットであることには、変わりはありません。

成功すれば、見た目の変化も短期間で大きくもたらしますが、
とにかくその分きついです。



スポンサードリンク










【代わりに簡単にデトックスできる黒酢ダイエットとレコードダイエットを開始した】


失敗に終わったどころか、挫折したうえに、

我慢した分ドカ食いをしてしまったことで増えた2キロを落とすために、
あすけんダイエットでレコードダイエットを始めました。


自分の摂取カロリーと行動を1日記録して、
目標とする体重から1日の摂取カロリーをオーバーさせないためにです。

記録することは、自己管理につながっていくので、日々のちょっとした間食でさえも、
気をつけるようになるので、太ることはありません。


やっぱり一気に落とすような脂肪燃焼スープダイエットは、

急激なダイエットになるので、悪く転がった時は反動も悪く大きく出ますが、
日々の少しずつ気を付けることの積み重ねをした方が、
長くバランス良くキープできると感じました。



黒酢に関しては、ヤクルトの黒酢ドリンクを飲んでいます。
ガラクトオリゴ糖が2.5gも入っていて、特保食品です。

特定保健用食品は、根拠のあるものでなければ、トクホと名乗れないだけあって、
ヤクルトの黒酢を飲むと驚くほどの量の便通になります。


普段、特に便秘ではない私でも、びっくりしてしまうので、
下腹部がすっきりするし、体重も順調に落ちます。

ガラクトオリゴ糖は、整腸作用があるということで、週に2回から3回は飲んでいます。



【黒酢ドリンクと記録ダイエットの他にウォーキングを毎日30分】


黒酢ドリンクを取ることと、
食事記録をつけるようになった他に、ウォーキングも始めました。

ウォーキングは頑張りすぎず、怠けすぎずというペースです。


毎日30分を目安にしています。

頑張りすぎても嫌になるし、続かないし、
さぼってもカロリー消費につながらないからです。


ただ、無心にひたすら毎日30分歩くだけ、

さらに食事記録と黒酢ドリンクを週2回から3回取るとうになっただけで、
1ヶ月で3キロ落ちました。


結果として、失敗したダイエットの脂肪燃焼スープダイエットを始める前よりも
1キロ落ちた計算になります。


この調子でゆっくり確実に続けていきたいと思います。



スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ダイエットで失敗せず痩せる為には諦めずに続けることも大事 [ダイエット失敗談]

私は昔からぽっちゃり体型で、
今までいろんなダイエット方法を試してきました。


しかし一時的に痩せてもすぐに元に戻ってしまう、
いわゆるリバウンドを繰り返してきました。

せっかく痩せてもそれを維持できないとダイエットは意味がありません。


そして、ダイエットをするために金銭的にも負担がかかっていたなら
失敗した時の落胆はとても大きいです。



スポンサードリンク









今まで総額いくらダイエットにつぎ込んできたのかわからないくらい
色々とやっては来たのですが、どうしても上手く行きませんでした。

それはきっと、自分はそこまで太ってはいないという甘えが原因だったのでは
無いかと思います。


私が一番ダイエットをしていたのは20代の頃で、
当時は40Kg台後半~50Kg台後半を行ったり来たりしていました。

最高で58Kgくらいだったでしょうか。
しかし50Kg台というのは人が見ればたいして太って感じないものです。

仕事柄筋肉がついていたので身体が締まっていたというのもあります。

私も直接人から太っているということを言われたことはありませんでした。
ダイエットをするきっかけは、いつも主観的なものだったのです。


しかし30代後半にさしかかった頃、
病気になり薬の副作用で大幅に太ってしまいました。

気が付くと60Kgを大きく超えていました。



スポンサードリンク









そうするとどうでしょう。

今まで誰にも太ってるなんて言われたことがなかったのに
久しぶりに会う知人に声を揃えて「太った?」と言われるようになりました。

病気のために仕事を辞め、筋肉が落ちたため体型も丸くなりました。
見た目が明らかに変わったのです。

やはり自分で気にするのと人に言われるのでは大違いです。
他人に太っていると思われることはとにかく恥ずかしいのです。


さすがにこれはまずいと、
今まで何度も挑戦しては失敗を繰り返してきたダイエットに再挑戦することにしました。


もちろん今までやったことのない方法です。



現在行っているのは食事制限+ウォーキングです。
間食も控えています。

1食抜いてその分カロリーの低いもので置き換えします。
さらに1日30分以上歩くというものです。

目に見えてすぐに結果が出るものではありませんが確実に痩せています。

もうすぐ10Kg減量になりそうです。


今までと違い苦にもならず続けられているので、

理想の40Kg台目指して今度こそ「成功した!」と胸を張って言えるように、
絶対にリバウンドはさせません。

もう他人に「太ってる」なんて言われないよう
しっかり体型を管理して行きたいと思います。


このダイエット方法はお金が余りかからないのが一番の魅力だと思います。
痩せたかったらやはり運動が一番ですね。



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

自己流のダイエットは危険!?食事内容を見直すだけで痩せられる [ダイエット失敗談]


始めたばかりのころ


初めは、自己流のスクワットや筋トレでダイエットをしようとしたところ、
膝を痛めてしまいました。

また体重もなかなか落ちず、調べてみると、

筋肉は重いので、筋トレだけして痩せるのは難しく、
食事での対策が不可欠だということがわかりました。


また、毎日の筋トレは体を痛めることになるそうです。


筋肉は分解か再生のどちらかの状態にあり、
筋トレをして筋肉が分解した後に休むことで、筋肉が再生し、増えるそうです。


できれば週2、3回するのが望ましいそうですが、
それも知らず、毎日してしまいました。


ストレッチなども取り入れ、本格的に食事のダイエットに取り組みました。



スポンサードリンク










食事でダイエット


まず、変えたのはお昼ごはんです。

それまでは、仕事の昼休みに気分転換もかねて
外にパンを買いに行っていましたが、それをおにぎりと野菜にしました。


当時食べていたパンはカレーパンやコロッケパン、
メンチカツサンドにクリームパンといった野菜のほとんど入っていないものでした。

それを2,3個とコーヒーがいつもの食事でした。


これを、鮭や昆布の入ったおにぎり2つとほうれん草のごまあえや
前の日の残りのお肉や黒豆などにしました。

意外とお腹にたまり、空腹感はなく続けられました。


夜ご飯には野菜をたっぷり


また、夜ご飯も、野菜を多くしました。

それまでは、メインの他にレトルトでお腹をいっぱいにしたりしていましたが、
野菜を添えるようにしました。


例えば、冷凍の春巻きや餃子をやめて、
おひたしにしたり、ひややっこにしたりしました。



スポンサードリンク









また、レトルトのカレーを食べる際も、

きのこと玉ねぎをいためて上にのせたり、
野菜たっぷりの味噌汁を一緒に食べるようにしました。


野菜はおなかにたまりますし、脂肪を流してくれるので、積極的に摂りました。


あと揚げ物も減らしました。 

しかし、レトルトや揚げ物は、おいしいものが多いので、
それを控えて、野菜料理を増やすのは大変でした。

また、安いときに大量に野菜を買っておくと、
同じ時期に一気に傷んでしまいます。


例えば夜の八百屋さんで最終値切りの野菜が一つ4,50円のような時があり、
喜んでたくさん買ったのですが、それを食べきるのは追われるような感じでした。



ネットのレシピサーチを活用しましょう


そんなとき役に立ったのは、ネットのレシピサーチです。
まず安い野菜を買ってきて、食べ方がわからなかったら調べて作っていました。


そうこうするうちに、だんだんレパートリーが増えてきて、
今では前よりずっとラクに作れるようになりました。


簡単な料理の例


簡単なところでは、

トマトの薄切りに玉ねぎをみじん切りにして水にさらしたものをのせたり、
ドレッシングをかけて食べます。)ワカメを戻して塩とドレッシングをからめ、
トマトときゅうりとマヨネーズであえるものなどです。

そういう生活を続けているうちに、2年で10キロほど体重が落ちました。



スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

一度ダイエットに失敗したがその後痩せることに成功!その方法とは? [ダイエット失敗談]


以前ダイエットに失敗したことがあります。

体重がまったく減らなかったという失敗ではなく、

リバウンドしてしまって
結果的にダイエット前の体重をオーバーしてしまったという失敗です。



スポンサードリンク









その時のダイエット方法は食事制限をしてカロリーを抑えつつ、
食事内容は主に炭水化物抜きをメインにしました。


あとは夜食のような寝る前の食事を控える感じのことを意識してダイエットしました。


このやり方で体重は見る見る落ちていきました。


当時の身長は175cmで体重は78kgでしたが、
2ヶ月ほどで15kgほど体重が落ち、

ダイエットに成功をしたと油断をし、普通の食事に戻しました。


特に過食と感じるほど食事量は増やさず、

大体一日2000kcal以内でおさまる食事量にしていたので
太るわけはないとタカをくくっていました。


寝る前にお菓子を食べてしまったのと、

摂取カロリーは通常でも炭水化物を結構食べてしまったり、
おそらく一番の原因は体重が減らない停滞期の時に
ダイエットをやめて普通に食べだしたのが一番の原因だと思います。


結局2ヶ月で15kg落としたにもかかわらず、
その後の2ヶ月で20kgほど増えてしまい、

体重が82,3kgぐらいになってしまい大失敗となりました。



スポンサードリンク










精神的なショックも大きくて3ヶ月ほど
82,3kgの状態で過ごしていたんですが、

服のサイズとかが合わなくなってしまい、
このままではダメだともう一度やる気を出してダイエットにがんばってみました。


今回気をつけたのは、
とにかくダイエットをやめる時は停滞期がすぎて体重が減りだしてからやめることと、

食事量の制限を元にもどさず、緩やかに普通の状態にしていき、
リバウンドに備えることを意識しました。


ダイエット内容は以前と同じように基本的には炭水化物抜きダイエットと、

夜食を食べないように気をつけることに注意をしましたが、
食事内容にもっと気をつけるようにしました。


ただ炭水化物を抜いて野菜を多めに食べるってだけじゃなく、
脂肪分解に効果のある食べ物を意識して摂取するようにしました。



具体的にはキノコ類です。


キノコはどれでもキノコキトサンという脂肪分解成分があるので、
ダイエット向きなんです。


食物繊維も野菜顔負けってぐらい抱負で、善玉菌の良質なエサになるので、
その繁殖の助けになります。


たまにヨーグルトをあわせて食べておくと効果も倍増し
腸内環境の改善も意識した食事内容にしてみました。


体重の減るペースは以前と似たような感じでしたが、
3ヶ月で目標体重の65kg以下になりましたが、

すぐダイエットはやめずに停滞期を乗り越え、
体重が減りだしてから食事制限をゆるめるようにしました。



体重の推移を3ヶ月ほど意識して過ごしましたが、

これが良かったのかその後も体重は65kg以下をキープしつづけることができ、
無事ダイエットを成功させることができました。



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

食事制限だけのダイエットで失敗したがランニング併用で体重減少 [ダイエット失敗談]

私は以前、人生でも頂点ともいえる体重をたたき出してしまいました。

それまでは地味に生活をしていたので、質素な食事だったのですが、

少しお金まわりが良くなってきた時期にレストランを食べ歩きしたり、
夜になると飲み会に毎日のように参加をしたりしたのが原因でした。



スポンサードリンク










このままではかなりまずい、
似合う服も売っていないと思った私は、ダイエットを決意しました。

食事制限中心のダイエットをいくつもしましたが、

一時的に体重が落ちてもリバウンドを繰り返す日々が数年間続き、
食事制限ダイエットの限界を知ったのです。


最初のダイエットはファスティングダイエットでした。

ファスティング用のキットを通販取り寄せて、
酵素ジュースを飲みながら断食をするという方法です。


三日間の準備期間で食事を減らし、三日間は酵素ジュースだけで生活をします。
そして三日間は回復期として、お粥から徐々に食事を普通通りに戻していきます。



このファスティングダイエットは、
断食ですからもちろん効果がありました。


断食直後の体重はマイナス3キロほどでしたので、効果は絶大ともいえます。


しかし回復期にお粥を食べている分には体重は戻らないのですが、
日常の食事に戻した瞬間に体重は断食前とほとんど変わらなくなってしました。

デトックス効果はあったと思いますので、無駄な経験ではなかったと思いますが、
ダイエットとしては失敗だったと思います。



スポンサードリンク









その後も、夜ご飯はすべて鍋や野菜スープのするという、
カロリーを制限しつつ、食物繊維をとるダイエットもしました。


これは無理なく続けられ、体重も落ちていったのですが、
ある時期に頭打ちになりました。

毎晩同じメニューなのでストレスがたまり、
普通の食事に戻してまた元の木阿弥となりました。



食事制限だけのダイエットでは、

一度減ってもストレスがたまり続けられなくなってリバウンドをしてしまう、
ようやく私はそう気が付きました。



そこで晩御飯だけはご飯を抜くという、プチ糖質オフダイエットを始め、
同時にランニングを生活に取り入れることにしました。

晩御飯を抜くだけでも、最初の一ヶ月くらいで3キロくらいは体重が落ちました。


そして体重が頭打ちになった頃、私はランニングを始めました。
最初は3キロくらいを二日に一回くらい走っていました。

以前の食事制限ダイエットでは、

頭打ちになるとそれ以上なかなか体重が減らなかったのですが、
ランニングをプラスしただけで、右肩下がりで体重は落ち続けました。


そして半年ほどで15キロほど体重は落ちて、理想体重になりました。
こうして食事制限ダイエット+ランニングダイエットは成功しました。



その後もランニングを定期的に行っているので、体重が元に戻ることはありません。

たまにドカ食いしても、次の日に2時間くらいゆっくり走ると、
体重が増えることはありません。


というわけで私は経験上食事制限だけでなく、
ランニングなどの有酸素運動をすることをお勧めします。



スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
ダイエット失敗談 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。