So-net無料ブログ作成

出産後のダイエットで痩せる為には絶対に欠かせない要素がある [産後ダイエット]

子供を産んでから以前のスタイルが崩れてしまった女性は少なくありません。
しかし、産んだ後もスタイルが変わらない女性も少なくありません。

その違いとは一体何でしょうか。



スポンサードリンク







そう、思いの強さの違いかもしれないのです。

「子供を産んでも絶対に体型を崩さない。」
「子供が大きくなっても素敵なママでいたい。」


そんな思いがダイエットや食生活の努力につながっているのだと思います。

産後はどうしても育児中心の生活になって
自分の身体より赤ちゃんの生活時中心になることは必然のことです。


しかし、その合間をぬって自分の規則正しい正活を送ることこそ
理想的なスタイルを取り戻して維持することになりそうです。


ダイエットに置き換えると正しい食事と適度な運動。

これこそが身体に負担感かからず自然なペースで
独身の頃のスタイルに戻ることになるようです。


食事面においては1日3食を規則正しく食べること。

1食を抜いたりしても1日の中で、間食をしてしまう心配があります。
このことによって体型が崩れるどころか太る原因にもなりかねません。


ましてや育児によるストレス食いというケースにも陥り、
余計に太ることが加速されてきまいます。

適度な食事とは3食を望ましい時間帯に摂ることです。



スポンサードリンク







ここで1食も腹八部というように満腹館が得られるまでの食べ方をしないことです。
よく噛むことで満腹感を得られるのですが、
これがスタイルを取り戻す方法の1つとなるのです。


2つ目の適度な運動。
ダイエットをすると木の運動を考えてみると、
目的は体内に蓄積されている脂肪を燃焼すること。


これがダイエットを目的とした運動の狙いとなります。

シカも、筋力アップトレーニングは脂肪を自然と燃えさせる
基礎代謝力をアップさせてくれます。

これを念頭において生活の中には適度な運動を取り入れることです。
育児中心の生活では中々、難しいように思えるのですが
特別に運動する時間を作る必要はありません。


例えば、掃除や洗濯、炊事をこなしているだけでもかなりの運動量にはなります。
ここで1つ工夫を加えるとしたなら、かかとを上げてみてください。

掃除、洗濯をしている間中、
かかとを上げていると太ももやふくらはぎにかなりの負担がかかります。


しかし、これが筋力トレーニングになるのです。
これでも充分な基礎代謝を上げてくれるトレーニングになります。


このように食事と運動も特別な方法を考えるのではなく、
普段の生活の中で工夫するだけで、自分のスタイルを取り戻す運動になってくるのです。



スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。