So-net無料ブログ作成

炭水化物ダイエットを実践する前に必ず守るべき事を紹介します! [炭水化物ダイエット]

炭水化物ダイエットは、
糖質を多く含む食品を控えるだけという簡単なダイエット方法です。

カロリー計算は不要、糖質を控えれば肉や魚などを食べてもよいです。

食べることが大好きな方にうれしいダイエット法です。

しかし、やり方には注意が必要です。
誤ったダイエット法だとダイエットに失敗するだけでなく、
体調を崩す可能性があります。

どうすれば安全にダイエットを成功させられるのでしょうか。



スポンサードリンク









●糖質を控える理由


糖質を摂ると血糖値が上昇し、糖分を取り込むインスリンが分泌されます。

筋肉や肝臓などに糖が取り込まれて使われるのですが、
糖質を摂りすぎたりすると筋肉などで使い切ることができず余ります。

余ったものは脂肪として蓄えられ肥満につながります。


糖質の摂取を控えれば血糖値があまり上がらず、インスリンの分泌を抑えられます。
取り込まれる糖が少なければ脂肪として蓄えれることを抑制できやせられます。



●食べてよいもの


炭水化物ダイエットでは糖質を多く含むもの以外なら食べてよいです。

肉は脂肪分が多くカロリーが高いので、ダイエット中は控える方が多いと思いますが、
炭水化物ダイエットでは食べてよいものです。

肉はタンパク質と脂質が多く糖質をほとんど含んでいません。


魚は積極的に食べて欲しい食材です。糖質が少なくタンパク質が多く、
血液をサラサラにするなど体によい油のDHAとEPAを含んでいます。


コレステロールを気にして卵の摂取を控える方もいますが、
卵も糖質が低いので食べてもよいです。

コレステロールは肝臓で作られていて、食事でコレステロールをたくさん摂った場合は、
肝臓での製造量が減ってバランスをとってくれます。


葉野菜は糖質が少ないので食べてもよいです。
ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれています。



スポンサードリンク









●控えるもの


ご飯、パン、麺類などの穀類は糖質を多く含んでいるので控えます。
砂糖をたっぷり使ったお菓子も控えましょう。

葉野菜は糖質が少ないですが、ごぼう、れんこんなど根菜類は糖質が多いので、
一度に食べる量を少なくします。


甘いものに多く含まれているイメージがありますが、
揚げ物、練り物、スナック菓子など甘くないものにも含まれています。

揚げ物は衣に小麦、
練り物はつなぎにデンプン、スナック菓子はじゃがいもを使っているので糖質が多いです。



●気をつけること


肉には飽和脂肪酸が多く含まれていて、
過剰に摂取すると血液がドロドロになり動脈硬化や脳梗塞などのリスクを高めます。

肉ばかりでなく魚、大豆なども食べるようにしましょう。


網膜、腎臓など一部の臓器は糖質しかエネルギーにできません。

まったく糖質を摂らないのではなく、
少量の根菜やご飯などを食べるようにして糖質摂取をゼロにしないようにします。


カロリー計算が必要ないとはいっても食べ過ぎは肥満につながります。
1日に2000kcalていどまでの摂取にするのがよいです。



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。