So-net無料ブログ作成

炭水化物ダイエットで体重減に成功した人が実践した3つの事とは? [炭水化物ダイエット]

世間で流行している炭水化物を抜くダイエットですが、
成功させるため、体感するためには必要なことが3つほどありました。

1ヶ月で5kgほど体重減に成功した体験を元に紹介させて頂きます。



スポンサードリンク









塩分と脂質には気をつける


炭水化物を取らなければ何をしても良い、
という発想はあまり正しくありません。

というのも、脂っこい肉料理やクリーム系の料理ばかりを食べていると
ダイエットの進行がそこまで進まないのです。

特に塩分過多は生活習慣病の原因にもなりますし、
体内に水分を蓄えてしまう結果となるので体重減少につながらないのです。

また、過度の肉食は内臓にも大きな負担を与えます。
適度に野菜やキノコ類を摂取してバランスをある程度意識しましょう。


スイーツは食べて良いは迷信


炭水化物ダイエットの本質は、「糖質と脂質を同時に摂取しない」という点にあります。

糖質と脂質のコンビ、例えばご飯とお肉は非常に美味しく感じますが、
この組み合わせを断つのがこのダイエットです。

炭水化物は体内での扱いが糖分ですので、スイーツは別腹、
砂糖はふんだんに使って良いとすると、効果を感じる日は遅くなるでしょう。

飲料などからの糖分摂取は、意識しないとなかなか防げません。

また、野菜などからも糖分は摂取してしまうものなので、
炭水化物には糖分が含まれているものなのだという認識を持ちましょう。

もしかしたら、急激な炭水化物・糖分の制限によって、
イライラや自律神経の乱れを感じる方もいるかもしれません。

その場合は、糖分の入った野菜、
トマトやアボカドを摂取するとそれらを防ぐことができます。



スポンサードリンク









野菜・キノコ類からタンパク質を食べるという順番


これは吸収率の話になるのですが、
食物繊維を取ってからタンパク質を食べたほうが急激な吸収を阻害できます。

食物繊維が吸収をゆっくりとさせてくれるのです。

また、サラダや煮物などを食べてから、
メインとしてお肉や魚を食べると満腹感が得やすくなります。

お肉から魚、豆腐からお肉などタンパク質の連続よりも、
野菜とキノコ類を多く摂取しましょう。

特に、アボカドやキノコのグリルなどはタンパク質扱いにならなくとも、
メインとして食べられるくらいのボリューム感と味わいを感じられます。

積極的に食べるよう心がけてみてください。

特にオススメの食べ方は、野菜の汁物、サラダか煮物、メインの肉料理というパターンです。



上記の3つのコツを理解して、炭水化物ダイエットを成功させてみましょう。

どうしても炭水化物が食べたいと思う場合は、
豆由来の麺などが販売されていますので、上手に活用するのも手段だと言えます。



スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。