So-net無料ブログ作成

ファスティングダイエットの自己流は危険!特に注意しなければいけないことは何? [ファスティングダイエット]

ファスティングダイエットというものを聞いた事があるでしょうか?

ファスティングとは断食のことで、プチ断食をして痩せようというものです。

断食といっても完全に何も摂取しないというわけではありません。

様々なファスティングダイエットがありますが、
主流となっているものは固形物を摂取しません。

水は勿論飲みますが、水の他に酵素ドリンク(野菜ジュース)も飲みます。



スポンサードリンク










■ファスティングダイエットの効果


固形物を摂取しないわけですから当然摂取するエネルギー量が減ります。

エネルギーが摂取できなければ脂肪を分解してエネルギー源にするため
ダイエット効果が期待できます。

それだけではなく腸をキレイにすることができます。

腸内の環境がよくなれば健康維持につながります。

また、ファスティング中に飲む酵素ドリンクにより
体内の酵素量が増え美容効果も期待できます。



■ファスティングダイエットは長期間行ってはだめ


専門的な知識を有する人なら話は変わってきますが、
一般的な人が独自に行うファスティングダイエットには危険が伴います。

およそ3日程度が素人の限界ではないでしょうか。

それよりも長期間にわって実施したい場合には専門の機関に相談しましょう。



スポンサードリンク










■ファスティングダイエットには準備が必要


ファスティングダイエットを行うときに急に今日から実施しよう!ということは危険です。

最低でも1日、
できれば断食を行う期間と同じくらいの期間をかけて準備を行いましょう。


準備期間中は断食に体を鳴らすために食事量を控えます。

食事内容も肉や魚は避けて野菜や玄米、発酵食品を中心にメニューを組みます。

こうして事前に体をならしておくとよりファスティングの効果が出ますし、
急に何も食べなくなるというのは体にもよくありません。

しっかりと計画を立ててファスティングを行いましょう。



■ファスティングが終わったあとのケア


実際に断食する期間を終えて通常の食事に戻す際にも注意が必要です。
酵素ドリンクは飲んでいたとはいえファスティング中は固形物を口にしていません。


急に固形物を詰め込むような食事をすると体への負担がとても大きいのです。

はじめのうちは消化によいメニューにしましょう。
おかゆ、うどんといったメニューが食べやすくて良いでしょう。


お腹が減っているとはいえ満腹に食べるのもNGです。
少しずつ食べる量を戻すようにしてください。



このようにファスティングダイエットは他のダイエットに比べると注意点が多く
間違った方法だと体への負担がとても大きいのです。

その一方で短期間で大きな成果を得られるダイエットでもあります。

方法さえ間違えなければ体内の環境もリセットできる
良いダイエット方法であることは間違いありません。


いきなり長期間行うのではなく
はじめは短期間からはじめてみると良いでしょう。



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。