So-net無料ブログ作成

衝撃の事実が判明!豆乳ダイエットは女性特有の体の仕組みが作用している? [豆乳ダイエット]

女性は子供を生む性ですので、体も子供を産むために作られています。
女性の卵巣では卵を供え、毎月卵子を大きくして排卵をします。

子宮は卵子が精子と出会い、着床するよう準備を整えます。
つまり、女性の体の中では、様々な妊娠するための準備が整えられているのです。



スポンサードリンク








まず、排卵期を過ぎるとブロゲステロンが増加し、体は妊娠準備を始めます。

そのため生理前は、食欲が増加し、代謝が落ち、脂肪がつきやすく、
水分をうまく排出できないという症状のため太りやすい状態となっています。


この期間、女性は食欲を抑えられず、精神的にも不安定です。
けれど、それもこれも妊娠するための女性の体の仕組みなのです。


ところが、妊娠できなかった場合、
受精卵が育つ環境になかったため不必要なものを外に排出する…それが生理です。

ですから、生理前一週間位は、
女性の体も受精するための準備を整えている期間というわけだったのです。


ですから、この大切な期間は
生理前は太りやすく痩せにくいという状態にあるのです。

それは、女性ゆえの特性であったわけです。



この状態をダイエット的に焦点を当てますと、
それゆえダイエットには向かない期間と言えます。

むしろ、体的には、ダイエットとて欲しくはなく、妊娠して欲しいのです。

精神状態が不安定になりイライラして食欲を抑えられないのは、
女性の体が、そうさせているからです。

ですから、生理前のこの期間は、どんなダイエットをしても難しいのです。

豆乳ダイエットは、そうした女性の体の仕組みを、逆に利用したダイエットです。

この生理前の期間にどうしても太ってしまうことを押さえるダイエットです。
豆乳ダイエットの具体はこうです。


豆乳を1日200ml程度を、なるべく食前、または間食のかわりに飲むことです。

それだけです。

これは生理前の期間の女性の体の特徴である脂肪の
「溜め込み」だけを抑えることがテーマとなります。

本来の女性の体の機能では、生理前に余分な栄養を摂り溜め込んでも、
生理後に排出します。



スポンサードリンク








生理後はエストロゲンが分泌するため、脂肪は燃焼します。

ですから、女性の体の特性のこの機能を利用して、
生理前に脂肪を溜め込まないようらすれば、

生理後はエストロゲンの働きで燃焼・排出効果により体脂肪が代謝されて
痩せるという原理になります。


つまり、「いかに脂肪や老廃物を溜め込まずに生理を迎えるか」がポイントになります。


そこで、豆乳の登場です。

先にも申し上げましたように、生理前の一週間に豆乳200ccを飲むだけです。
そのカラクリは、豆乳の成分にありました。


豆乳には大豆サポニンが含まけていますが、
これは、小腸での脂肪吸収を抑え、
血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を流してくれます。


大豆たんぱくは動物性食品に比べて低カロリーで基礎代謝を活発にしますし、
体内での吸収・分解に時間がかかるため、満腹感を得やすいということがあります。

レシチン、ビタミンB群、マグネシウムが豊富で、脳の神経伝達物質を生成したり、
脳機能を維持したりしてくれます。

マグネシウムは神経やホルモン分泌臓器などの働きを調整して精神的不安定を予防し、
食欲コントロールに働きかけます。


豆乳にはエストロゲンに似た働きをするイソフラボンが含まれているため、
大量に摂りすぎないことが注意点です。


生理前一週間のみ豆乳を摂取だけで充分ダイエットになります。



スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。