So-net無料ブログ作成

糖質制限ダイエットは糖質を控えるだけではなく○○の補給も必要! [糖質制限ダイエット]

糖質制限ダイエットは、
糖質が多いものを控えるだけという簡単なダイエット方法です。

カロリー制限の必要はなく、糖質が少ないものなら好きなだけ食べてよいです。

しかし、ダイエットを行うときにはいくつか注意点があります。



スポンサードリンク









●避ける食べ物


糖質が多い食品というと、砂糖など甘いもの、お菓子、ご飯やパンなど
主食になるものを思い浮かべるかもしれません。

これらは糖質が多い食品ですが、その他にも糖質が多い食品があります。


甘くないものは糖質が少ないイメージがありますが、
揚げ物、練り製品、スナック菓子、野菜も注意が必要です。

揚げ物は衣に糖質が多い小麦などを使用します。

練り製品にはつなぎにデンプンが使われています。
スナック菓子に使われるじゃがいもは糖質を多く含みます。

野菜は低糖質なものが多いのですが、
カボチャ・人参・とうもろこしは糖質を多く含んでいます。


●肉の食べ過ぎに注意


肉類は糖質が少ないので、糖質制限中に食べてよい食品です。

しかし、食べ過ぎは控えましょう。


肉類には飽和脂肪酸が多く含まれています。
ステーキの後の脂を放置しておくと脂が固まりますよね。

動物性食品に含まれる脂は常温では固体です。


牛などよりも人間の体温の方が低いので、
飽和脂肪酸は血液中で固まってドロドロ血液を作ります。

食べ過ぎると血液の流れが悪くなって動脈硬化や脳梗塞などの危険が高まります。

糖質制限をすると悪玉コレステロールが減少するといわれていますが、
肉ばかり食べていると悪玉コレステロール値が上昇します。

糖質が少ないからと肉ばかり食べず、
魚や植物性食品もバランスよく食べるようにしましょう。



スポンサードリンク










●やせすぎの人は注意


やせすぎの人が糖質制限ダイエットをすると、
悪玉コレステロールが増えたり、肝機能が低下することがあるようです。

やせているよりもややぽっちゃりしている方が長生きするという報告があります。

やせすぎている方はこれ以上やせる必要はないし、
糖質制限をすると健康を損ねる恐れがあるので控えましょう。


厳しい糖質制限をするのではなく、普段よりもご飯の量を少なくする、
お菓子を控える、週末だけにするなど、緩やかな糖質制限をするのもよいでしょう。


●水分補給を忘れずに


人間の体の70%は水分でできています。
水分がわずか1%でも低下するとだるさや頭痛などの不調が現れます。


水分が不足すると血液がドロドロになり、
体の隅々に酸素や栄養を届けることができず代謝が低下します。

1日1,5~2L程度の水分補給をするようにしましょう。

コーヒーや緑茶などは利尿作用があり水分補給にはなりません。
常温の水などを飲んでください。



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。